伊藤真一の顔画像「目がクッキリで男性ホルモン全開」窃盗事件

アパートのベランダにある洗濯機から女性用の下着を盗んだとして窃盗の疑いで「伊藤真一(いとうしんいち)容疑者」が逮捕されています。伊藤真一容疑者は容疑を否認しているものの伊藤真一容疑者の自宅からは女性用の下着が50点見つかっているとのこと。伊藤真一容疑者は室外に洗濯機が置かれているアパートを集中的に狙っていたと思われます。

伊藤真一の顔画像Facebook

伊藤真一容疑者(下着泥棒)の顔画像
伊藤真一のプロフィール
  • 名前:伊藤 真一(いとう しんいち)
  • 年齢:32歳
  • 職業:自称会社員
  • 容疑:窃盗の疑い

また、伊藤真一容疑者のFacebookについても調査しました。「伊藤真一」で調査したところ数多くのアカウントがヒットしています。伊藤真一容疑者の目はクッキリしているので特徴はあるものの100件以上「伊藤真一」今回逮捕された伊藤真一容疑者と同じ人物のアカウントを発見するのは非常に難しいです。

伊藤真一容疑者(下着泥棒)のFacebook 伊藤真一容疑者(下着泥棒)のFacebook 伊藤真一容疑者のFacebook

引き続き伊藤真一容疑者のFacebookアカウントを発見するまで調査を続けます。

 

伊藤真一「室外洗濯機の部屋は防犯意識が薄い」

伊藤真一容疑者は今年2月、東京・世田谷区のアパートで20代の女性が住む部屋のベランダに置かれた洗濯機から女性用の下着3点を盗んだ疑いが持たれているとのこと。伊藤真一容疑者は室外に洗濯機が置かれている部屋を狙っていたようです。

室外に洗濯機が置かれているアパートなどは家賃が安く、おそらく防犯のレベルについてもそこまで対策がなされていなかったのでしょう。それゆえ伊藤真一容疑者としては室外洗濯機のある部屋に住んでいる女性の防犯に対する意識が低いと踏んで下着泥棒に及んだことが伺えます。

知恵袋を調査するとやはり室外洗濯機の部屋に住む女性が下着泥棒の被害にあったことが書かれていました。格安のアパートであるために下着泥棒に狙われやすいのはもちろん、洗濯機が外にある=住んでいる人(女性)の防犯に対する意識が低いが重なって下着泥棒にとっては絶好の餌食になってしまうのでしょう。

伊藤真一容疑者 室外洗濯機の部屋を狙った犯行

下着泥棒にやられました
今朝ベランダの洗濯機を回そうと蓋を開けると1番上に空っぽのネットが…あれ?
やられました。。下着3セットのみ見事に無くなっていました。
それにしても2階のベランダまで登ってくるとは恐いです。しかも洗濯前の下着を狙うなんて気持ち悪すぎます。
ずっと狙われていたりしたのなら本当恐いです。

伊藤真一容疑者の自宅からは50点ほど女性用に下着が見つかっていることからも、室外洗濯機の部屋ばかりを集中的に狙っていたのでしょう。最寄り駅から女性を追いかけて室外洗濯機のアパートであればマーク。伊藤真一容疑者が、ただ女性の下着だけを目的にしていたとすれば手間を省くために同じアパートで他の部屋の洗濯機も漁っていたことが考えられます。

 

「目がクッキリで男性ホルモン全開」

また、公開された伊藤真一容疑者の顔画像を見ると目が大きく開いており髪が直毛であることから男性ホルモンがとても強いことが伺えます。二重の瞳にキリっとした眉毛、おそらく寝起きに逮捕されたこともあってか髪はぼさぼさとなっていますが髪をある程度整えればイケメンと捉える女性もいたはずです。

伊藤真一は目がクッキリ 伊藤真一容疑者は男性ホルモン全開

ただ、伊藤真一容疑者からは全てを凌駕するほどの男性ホルモンが全体から出過ぎてしまい女性からは一歩距離を置かれていた。男性ホルモンが強いがゆえに性欲も強かった伊藤真一容疑者は何とかして性欲を発散したかった。

風俗に行くのはお金がもったいないと思い、見知らぬ女性を襲うのはいずれは捕まってしまうためリスクが高いと考えた。そこで伊藤真一容疑者が思いついたのが下着泥棒だった。下着泥棒であればバレなければずっと続けられると思い実行に移した。

そして、初めての下着泥棒に成功した伊藤真一容疑者はバレて逮捕されるかもしれない恐怖にハラハラしながらも女性下着を手に入れたことで性欲を満たすと同時に見知らぬ女性の下着を盗むスリルに楽しみを得てしまったのです。

伊藤真一容疑者がどうしても下着泥棒をやめられなかったのは盗んだ時に得られスリルに快楽を覚えてしまい、ふとした瞬間に思い出して逮捕されるまで続けていたのでしょう。それゆえに伊藤真一容疑者の自宅から50枚ほどの女性下着が発見されたのは非常に納得です。

伊藤真一容疑者 下着泥棒 スリル

理解できない人間もいるだろうが女性の下着に興味があるという性癖があるのは仕方ないにしてもやはり盗んでは駄目。どうしてもほしいならその手の物を売っている店で買うとかすればいいものを盗んでしまうというのは盗むというスリル感とかも快感になって捕まるまで止められなくなったんだろうなと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。